ワーキングホリデーの人気定番国、あの国の魅力とは

###Site Name###

ワーキングホリデーとは、国ごとに定められたある年齢の期間だけ、最長1年間、海外で自由に滞在を楽しみながら、その資金を稼ぐことができる制度です。


文化の違う異国の地で、働き、遊び、生活をすることで、多くのことを得ることができるシステムである上、語学力も身に付くため、多くの協定国の人々がこの制度が利用しています。

日本でこの制度を利用する人たちに人気がある国の一つが、オーストラリアです。


外国人学生の受け入れの歴史が長く、外国人学生向けの教育システムや受け入れ態勢が構築されていて、親日国でもあり、世界的にも治安の良い国であることが、人気の要因となっています。

日本との時差が1時間しかないため、ふと日本の家族や友人が恋しくなっても、電話で声を聞きやすいという利点もあります。

また、留学を考えたときに問題となるのは費用の面ですが、準備費用の中でも大きな割合を占めている飛行機代も、LCCが飛ぶオーストラリアなら、節約することが可能です。


準備段階で思いのほか、お金が貯められなかったとしても、条件さえ満たしていれば現地で自由に働くことはできる点がワーキングホリデーのメリットでもありますが、国によっては、現地で留学費用を作ることが現実的に難しい場所もあります。

カナダ留学の最新情報をお伝えします。

日本と比べても、アルバイトの平均時給が高く、受け入れ態勢も良いオーストラリアでは、現地で費用を作りやすいと言う点も人気のポイントとなっています。

Yahoo!知恵袋の情報を得られます。

また、多くの人は英語の習得も大きな目的の一つとしています。

語学留学とは異なり、普段の生活や職場での自然な会話を通して学ぶ機会が多いワーキングホリデーですが、移民の国であるオーストラリアの人々は、様々な国の人との交流に慣れていますので、日本人の慣れない英語に対してもしっかりと耳を傾けてくれる人が多く、滞在している多くの国の人々との交流で、様々な国の英語や文化に触れることができる点も魅力となっています。